事業内容

ターフ事業

ゴルフ場グリーン専用芝生

その他の芝

芝一貫システム

グラウンド緑化・メンテナンス事業

ゴルフ場メンテナンス・コース改造事業

工 法

運営施設

建設事業

関連事業

企業情報

第1回神戸オープンゴルフ2016 決勝大会が開催されました。(ゴルフ場運営管理部)

プロとアマチュアが同じ舞台で力と技で競い合う事のできる神戸オープントーナメントを神戸市、日本プロゴルフ協会(PGA)、イオンスポーツ、ダンロップスポーツをはじめ多くの企業様にご協賛をいただき、ゴルフ発祥の地、「神戸」をその名のとおり北神戸ゴルフ場にて開催いたしました。

 

当初の予想を超えた反響があり、アマチュア予選会(4回)には697名、プロ、研修会の予選会には268名のエントリーを頂きました。

 

各予選会をクリアした精鋭、アマチュア115名、プロ研修生69名の184名にて平成28年11月21日(月)に北神戸ゴルフ場にて決勝大会が開催され、プロの部ではトップ3名が66(-6)という好スコアでホールアウトし、カクテル光線が眩しい南コース9番ホールを決着が着くまでのサドンデス方式によるプレーオフが行われました。激闘の末、3ホール目に6mの下りのスライスラインを強気に沈めてバーディで決着がつくという正に感動の優勝を決め第1回神戸オープンカップを手中に収めた福永安伸プロがカップと共に優勝賞金100万円、神戸牛、神戸ワイン、イオンスポーツ年間契約を手にされました。

 

また決勝大会には大変お忙しい中、日本プロゴルフ協会 会長 倉本昌弘プロも応援に駆け付けて下さり、選手、ギャラリーの皆様に対して、「今大会は我が協会も推進している地元と共に作り上げて行く大会であり、今後も協会としても協力を惜しみません。」との心強いお言葉を頂きました。

来年も更なる飛躍して行く大会にしてまいる所存です。

 

最後になりましたが、今大会へ多大なるご協賛、ご協力を頂きましたお取引業者様、地元関連企業様、ゴルフ団体、神戸市、大会ボランティアの皆様に厚く御礼申し上げます。

ご挨拶Top Message MORE

株式会社チュウブは、昭和38年に芝生の生産・販売の事業からスタートしました以来、今日に至るまで事業分野は”緑”をキーワードに、ゴルフ場の運営事業をはじめ、公園やスポーツ施設の運営など多岐にわたっています。

株式会社チュウブ 代表取締役会長 大田英二

生産方法

鳥取、つくばなど、日本各地の 広大な圃場で一貫した品質管理のもと、独自のノウハウで丁寧に栽培・出荷されています。

詳細を見る
鳥取砂丘芝

鳥取県中央部の北条砂丘から鳥取砂丘地帯の粒形の揃った良質の天然砂圃場で生産し、施工後の透水性に優れた芝を全国へ発送します。

詳細を見る
受託生産

全国のゴルフ場オーナー様や植生関連業者の皆様からのご依頼により、様々な芝生を受託生産しています。その実績をご紹介します。

詳細を見る