事業内容

ターフ事業

ゴルフ場グリーン専用芝生

その他の芝

芝一貫システム

グラウンド緑化・メンテナンス事業

ゴルフ場メンテナンス・コース改造事業

工 法

運営施設

建設事業

関連事業

企業情報

「チュウブYAJINスタジアム」ネーミングライツパートナー契約調印式開催

平成24年11月1日(木)米子市安倍に現在建設中のYAJINスタジアムクラブハウスにて「チュウブYAJINスタジアムネーミングライツパートナー契約調印式」が 開催されました。

調印式には、SC鳥取代表取締役社長塚野真樹氏・ガイナーレ鳥取キャプテン岡野雅行氏・弊社社長大田英二が出席し、 調印式の中で、塚野社長は「この名前を背負って地元に愛され、末永く喜んでもらえる施設にしたい。」 大田社長は「共に鳥取県産のチームと企業同士。一緒になって鳥取県を盛り上げアピールしたい。」と今後への思いを語られました。 調印式前にBIGROLL(Re-sod工法)で施工中のピッチに立った岡野選手は「早くボールを蹴りたくなるすばらし芝ですね。チュウブと一緒に歴史に名を刻んでいきたい。」 と新しいピッチの完成を楽しみされている様子でした。

 

ネーミングライツに関しては、

◆スタジアム名称  チュウブYAJINスタジアム (略称:チュスタ)

◆契約期間  2012年11月1日 ~ 2022年10月31日 (10年間)

 ネーミングライツ契約金は、スタジアム建設費やスタジアムの維持管理費等に充てられます。

◆ロゴ

左から岡野選手・大田社長・塚野社長
左から岡野選手・大田社長・塚野社長

ご挨拶Top Message MORE

株式会社チュウブは、昭和38年に芝生の生産・販売の事業からスタートしました以来、今日に至るまで事業分野は”緑”をキーワードに、ゴルフ場の運営事業をはじめ、公園やスポーツ施設の運営など多岐にわたっています。

株式会社チュウブ 代表取締役会長 大田英二

生産方法

鳥取、つくばなど、日本各地の 広大な圃場で一貫した品質管理のもと、独自のノウハウで丁寧に栽培・出荷されています。

詳細を見る
鳥取砂丘芝

鳥取県中央部の北条砂丘から鳥取砂丘地帯の粒形の揃った良質の天然砂圃場で生産し、施工後の透水性に優れた芝を全国へ発送します。

詳細を見る
受託生産

全国のゴルフ場オーナー様や植生関連業者の皆様からのご依頼により、様々な芝生を受託生産しています。その実績をご紹介します。

詳細を見る