事業内容

ターフ事業

ゴルフ場グリーン専用芝生

その他の芝

芝一貫システム

グラウンド緑化・メンテナンス事業

ゴルフ場メンテナンス・コース改造事業

工 法

運営施設

建設事業

関連事業

企業情報

トップページ > 事業内容 > ターフ事業 > TIF SPORT

 

ゴルフ場、校庭芝生、公共緑地、家庭菜園など広範囲の施設で利用ができます。

 

ティフスポーツの特徴

ティフスポーツはティフウェイ(ティフトン419)を開発したジョージア大学により育種・開発され、1997年に品種登録された栄養繁殖型改良バミューダグラスです。 耐寒性に優れ、良好なライゾーム、ストロンの生育により高密度なター フを形成し回復力に優れています。

ティフスポーツの実績

ティフスポーツは競技場、ゴルフ場、校庭芝生、公共緑地、家庭庭園など広範囲の施設で利用されています。

 

アレーナ・ダス・ドゥーナススタジアム

2014年FIFAワールドカップ ブラジル大会会場

アレーナ・アマゾニアスタジアム

2014年FIFAワールドカップ ブラジル大会会場

モーゼス・マヒダスタジアム

2010年FIFAワールドカップ 南アフリカ大会会場


ベイ・クリークゴルフコース

(アメリカ)

プリンセス・アンカントリークラブ

(アメリカ)

フーバー・メトロポリタンスタジアム

(アメリカ)


トニー・グウィンスタジアム

(アメリカ)

ケナンスタジアム

(アメリカ)

スコットスタジアム

(アメリカ)


レッドスキンズ・フェデックススタジアム

(アメリカ)

キャンドルスティックパーク

(アメリカ)

オクラホマ大学オーウェンフィルード

(アメリカ)


ティフスポーツの生産

  • ティフトン芝の生産日本一であり、全国有数の芝生産地である鳥取県の広大な鳥取砂丘を利用した圃場にて栽培管理。
  • ITGAP(国際芝草遺伝的保証プログラム標準)による厳格な栽培地検査を実施。

ティフスポーツの品質保証

(国際芝草遺伝的純度保証プログラム標準)


  • ジョージア作物改良協会が運営する国際芝草遺伝的純度保証プログラム標準(ITGAP)による管理・検査の元、 無許可の増殖等を禁止し徹底 した品種・品質管理。
  • ITGAPによる圃場検査を毎年実施し、合格した圃場にのみティフグランドの生産が許可され、品質保証書が出荷毎に発行されます。

ご挨拶Top Message MORE

株式会社チュウブは、昭和38年に芝生の生産・販売の事業からスタートしました以来、今日に至るまで事業分野は”緑”をキーワードに、ゴルフ場の運営事業をはじめ、公園やスポーツ施設の運営など多岐にわたっています。

株式会社チュウブ 代表取締役会長 大田英二

生産方法

鳥取、つくばなど、日本各地の 広大な圃場で一貫した品質管理のもと、独自のノウハウで丁寧に栽培・出荷されています。

詳細を見る
鳥取砂丘芝

鳥取県中央部の北条砂丘から鳥取砂丘地帯の粒形の揃った良質の天然砂圃場で生産し、施工後の透水性に優れた芝を全国へ発送します。

詳細を見る
受託生産

全国のゴルフ場オーナー様や植生関連業者の皆様からのご依頼により、様々な芝生を受託生産しています。その実績をご紹介します。

詳細を見る