事業内容

ターフ事業

ゴルフ場グリーン専用芝生

その他の芝

芝一貫システム

グラウンド緑化・メンテナンス事業

ゴルフ場メンテナンス・コース改造事業

工 法

運営施設

建設事業

関連事業

企業情報

トップページ > 事業内容 > ターフ事業 > グリーンバードJ

 

鳥取県園芸試験場で30年かけて開発され、平成25年に農林水産省に品種登録された生育が旺盛で形質に優れた緑化用のシバです。

 


グリーンバードJの名称は鳥取県の優れた芝から育成されたことからグリーンバードとし、Jは学名のZoysia japonica (和名 シバ)を象徴して命名されました。

 

グリーンバードJの特徴

特徴は、優れた地下茎を持つため、擦れ切れ抵抗性が高いこと。障害からの回復が早いこと。水要求度が低いこと。

従来のノシバより葉が狭く緑色もきれいなこと。耐病性(葉腐病)に優れることなどがあります。

 

校庭、園庭やスポーツグラウンド、芝生広場など、芝生の上での運動やレクリエーションに適する強く美しい芝で、実績もこのようなところに多くあります。

 

昭和59年品種育成のため鳥取県内50個体採取し3世代にわたり交雑を繰り返し500個体から50個体を選抜。こののち耐病性(葉腐病(ラージパッチ))個体を選別育成し3品種に絞り込み、最も優れたものを平成20年に品種登録申請し平成25年に品種登録になりました。

足かけ30年あまりかけて世に出た素晴らしい品種です。

※ 鳥取県より権利を得ています。

 



ご挨拶Top Message MORE

株式会社チュウブは、昭和38年に芝生の生産・販売の事業からスタートしました以来、今日に至るまで事業分野は”緑”をキーワードに、ゴルフ場の運営事業をはじめ、公園やスポーツ施設の運営など多岐にわたっています。

株式会社チュウブ 代表取締役会長 大田英二

生産方法

鳥取、つくばなど、日本各地の 広大な圃場で一貫した品質管理のもと、独自のノウハウで丁寧に栽培・出荷されています。

詳細を見る
鳥取砂丘芝

鳥取県中央部の北条砂丘から鳥取砂丘地帯の粒形の揃った良質の天然砂圃場で生産し、施工後の透水性に優れた芝を全国へ発送します。

詳細を見る
受託生産

全国のゴルフ場オーナー様や植生関連業者の皆様からのご依頼により、様々な芝生を受託生産しています。その実績をご紹介します。

詳細を見る