事業内容

ターフ事業

ゴルフ場グリーン専用芝生

その他の芝

芝一貫システム

グラウンド緑化・メンテナンス事業

ゴルフ場メンテナンス・コース改造事業

工 法

運営施設

建設事業

関連事業

企業情報

スポーツグラウンド・公園緑化

トップページ > 事業内容 > グラウンド緑化・メンテナンス事業 > スポーツグランド・公園緑化

 

スポーツグラウンド 代表事例

味の素スタジアム

東京都調布市にある、天然芝を導入したグラウンドがある多目的スタジアム。サッカーやラグビー、アメリカンフットボールの競技場として使用されています。2006年と2009年の2回、チュウブ独自の施工法「Re-SOD工法」のビッグロールで全面張替。2006年には、施工3日後に公式戦が行われました。


筑波大学ラグビー場

茨城県つくば市に位置する筑波大学のラグビー専用グラウンドです。2009 年、摩擦、踏圧に強い天然芝(ティフトン芝)のメイングラウンド、人工芝のサブグラウンドの2か所を整備しました。


西が丘サッカー場

東京都北区にある国立競技場。サッカー専用スタジアム。2009年、既設天然芝スポーツターフの状態が不良となった為、芝生張替改修工事を実施。当社独自の施工法「Re-SOD工法」のビッグロールで芝生を施工しました。


平塚競技場

神奈川県平塚市にある競技場。Jリーグ湘南ベルマーレのホームグラウンドとして知られています。陸上競技の開催場所としても利用されています。2006年、約7600平方メートルを張替、チュウブ独自の施工法「Re-SOD工法」が採用されました。張替用の芝は神奈川県内で生産され、生産技術を提供しました。


キャノンスタジアム

キャノン(株)のラグビー専用スタジアムとして2011年に建設。当社の技術により天然芝スポーツターフの全面張りを行いました。


公園緑化 代表事例

ちはら台公園(千葉)

京成千原線・ちはら台駅から徒歩5分ほどにある、ちはら台公園。多目的広場や天然芝のサッカー・ラグビー場、ドッグラン等があり、市民の憩いの場として愛されています。サッカー公式戦として、ジェフ市原レディースがここでLリーグを開催しています。


布勢運動公園(鳥取)

鳥取県鳥取市にある、布勢総合運動公園(愛称:コカ・コーラ ウエストスポーツパーク)。体育館、陸上競技場、野球場、テニス場等、スポーツ施設が充実しています。特に多目的広場は約7,000平方メートル、芝グラウンドは14,000平方メートルの広さを持ち、様々な用途で利用されています。


◀ ︎Prev Next ▶︎

浜甲子園団地(西宮市)

浜甲団地通りを南下 武庫川学院グラウンドと浜甲子園なぎさ街の間にあり、フェニックスの木が印象的な新しい公園です。 団地の中にありながらも、開放感があり、植樹も少ないので空も広く感じられる公園です。


小田南公園(尼崎市)

兵庫県尼崎市にある、小田南公園。ナイター設備のある軟式野球場や多目的広場、梅林や自然風の池や流れがあり、 市民のレクリエーションの場であるとともに防災公園としての機能も兼ね備えています。ピクニックにもお勧めです。


琴浦町東伯総合公園(琴浦町)

鳥取県の琴浦町東伯総合公園は、住民の皆様の健康増進、スポーツ振興の場を提供するための運動公園です。体育館、武道場、野球場、テニスコート、芝のサッカー場、多目的広場、ゲートボール場を完備しています。


おゆみの公園(千葉)

千葉県おゆみ野は、自然の景観を活かしつつ、様々な機能を調和させたまちづくりを目指しています。周辺には豊かな自然が残され、大小さまざまな公園も配置されているなど、心なごむ緑のまちなみが形成されています。


ご挨拶Top Message MORE

株式会社チュウブは、昭和38年に芝生の生産・販売の事業からスタートしました以来、今日に至るまで事業分野は”緑”をキーワードに、ゴルフ場の運営事業をはじめ、公園やスポーツ施設の運営など多岐にわたっています。

株式会社チュウブ 代表取締役会長 大田英二

生産方法

鳥取、つくばなど、日本各地の 広大な圃場で一貫した品質管理のもと、独自のノウハウで丁寧に栽培・出荷されています。

詳細を見る
鳥取砂丘芝

鳥取県中央部の北条砂丘から鳥取砂丘地帯の粒形の揃った良質の天然砂圃場で生産し、施工後の透水性に優れた芝を全国へ発送します。

詳細を見る
受託生産

全国のゴルフ場オーナー様や植生関連業者の皆様からのご依頼により、様々な芝生を受託生産しています。その実績をご紹介します。

詳細を見る